Une baguette et des baguettes  ~フランスパンと箸~

sacchila.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 17日

フレンチランチで母ジェラシー!

日々 車で連れ回してるせいか
アルノもすっかり外出好きになったようで
最近は、車の前に来ると 手足をバタバタさせて喜んでます。

なのに帰りの車は、必ずってほど泣いちゃう・・・それって家に帰りたくないから?私もやけど(苦笑)

で、今日は、どこへ行ったかというと
かれこれ一年半以上も前から気になってた所へランチに行ってきました。

場所はジュメイラの高級住宅街。
立派なヴィラを利用したゲストハウス La Maison d'Hotes

外観は、ドバイでよくある豪邸。
番地に小さく名前が書いてあるだけなので、まさに隠れ家てきお宿!
f0115107_4141642.jpg

*写真中途半端ですんません。







ゲストハウスですが、食事のみの利用もできます。
名前からわかるように、オーナーはフランス人で
メニューももちろんフレンチ。

私は久しぶりにガレット(そば粉のクレープ)を頂きました。
*ちょっと食べかけで、すんまそん。
f0115107_4241948.jpg

お友達の食べてたキッシュやラザニアも美味しそうでした。パンも美味しいです←フランス的にココ需要。

気候のいい時期なのでテラスで。
お庭は、アラビックとアートのコラボでええ感じです。
f0115107_42817.jpg

右側もゲストハウスらしい。

建物やインテリアは ほどよくアラビックをのこしつつ
フランス雑貨やアクセも売ってたりで なかなかオサレな所でした。
何より、ドバイのフレンチは高級な店ばっかりなので
こういう普通のフランスの料理が手頃に食べれるのって貴重かも?!

オーナーらしき人を見かけましたが、素敵なマダムでした。
La maison d'Hotes 、日本語だと「お客様の家」って感じかな。
宿泊すると、きっと心地いいもてなしをしてくれそう。
また 来ようっと!



さて、この時、妊婦のお友達も一緒だったのですが
アルノは食事中、ずっと!ずっとー!!ずっとーっ!!!妊婦のお友達に、笑顔を向けていました。
二歳児頃までは、お腹の中が見えるからなのか?
ただ、彼女の顔がアルノ好みなのか? 

「うふふ、お姉さん 可愛いねぇ~♥」Byアルノ
f0115107_4482085.jpg

側に母がいるにもかかわらず、私には見向きもせず
終始 友達に笑顔を送ってました。
母、ちょっとジェラシーですっ!!


その後、近くのモールでお茶。
車に荷物を置くため、アルノを友人に5分ほど預けてたのですが
その間、アルノはぜんぜん平気。
そして 私が戻ってきても無反応・・・・
先日 「人見知り」が始まったと書きましたが
あれは、あの日だけだったようです。

それよりも、母に対する執着の無さの方が気になる・・・
乳首拒否もする変ったキャラの持ち主だし
もしかして 我家にはパパが二人とか思ってたりして?! 
そこんとこどうなのよっ、息子!

↓妊婦の友達に抱っこしてもらうアルノ。*妊婦時に手作りしたズボンを履かせました。やっぱりデカパン博士みたいになったがな!
f0115107_573527.jpg

「背中に何か感じるねんけど・・・・」Byアルノ



<<おまけ>>
昨日はU君ちへ遊びに行きました。
U君はアルノより二週遅生まれの同じ5ヶ月。
アルノも巨大児ですが、U君もなかなかのBIG BABY!同じく歯も生え始めてます(笑)

まだ5ヶ月だし、お互い感心はないものと思ってたのですが・・・・・

二人共、何気なく、手足で触れ合ってみたり
玩具の取り合いをしてみたり
お喋りなんかもしてて(もちろん赤ちゃん語!) ビックリ!

「あのね・・・」「うんうん・・・」と言った感じの二人。
f0115107_514287.jpg

*U君ママ 写真をありがとう!

何より面白かったのは
お互いの泣き方を観察してたこと。
U君が泣くと、アルノはじっとU君を見つめ
アルノが泣くと、今度はU君がアルノをじっと見つめ・・・
これをずっと繰り返した二人。
5ヶ月だけど こういう交流もできるのかぁーと U君ママと感心して眺めていました。
[PR]

by sacchila | 2009-02-17 05:24 | ドバイ DUBAI


<< 離乳食      小さなお客様 いらっしゃ~いっ! >>