2009年 06月 06日

香港の「渋谷」へ

夫が休日だった昨日は
電車を乗り継いで 繁華街まで行ってきました。

相変らず香港の電車やバスは 冷房ガンガンです!
数年前に初めて香港へ来た時
何に驚いたって 冷房で冷えきった車内!
寒がりなので そのせいで体調崩し 当時は悪印象の香港でした。
数年たった今も やっぱり現役!バリバリ寒い車内。
なにせ、体感温度が高い(37℃は平熱と言い切る!)西洋人の夫でさえ 「寒~い!寒~い!」と言います。
ノースリだったら羽織必須。涼しそうなワンピを着た日にゃぁ、きっとお腹がピーゴロの可能性大(;´Д`)
設定温度20℃なさそう・・・・
香港人は寒くないのかなぁ? いや、羽織もの着てる人見かけるから 香港人でも「寒い!」って感じてる人多いはず!! なんとかしてほしい~。

で、寒い列車に乗って到着したのは
f0115107_0224090.jpg

大好きな路面電車。いっつも写真に収めちゃうのに 未だに乗ったことなし(苦笑) 

香港の「渋谷」と呼ばれる コーズウェイベイ(銅鑼灣)






なぜ 香港の「渋谷」かというと
ここには そごう(香港崇光)をはじめ、MUJIにユニクロ
そして日系アパレルメーカーのショップがたくさんあるから。
香港は、日本食以外にも日本のファッションやコスメもすごく人気。
日本のファッション雑誌だって 駅やコンビニとかどこでも売ってます(もちろん日本語)
日本スタイル=ア・ラ・モード(流行) みたいです。

このコーズウェイベイにて、夫が数年前に沖縄料理レストランへ行ったということで
ランチへ行ってみることに・・・・・
が! お店なくなってました~。 残念!
香港は移り変わり激しく、お店が儲かってない場合も、儲かってる場合もなくなります!
儲かったから楽して止めるってパターンもあり!

ってことで、お腹減ったので すぐ側にあったタイムズ・スクエア(時代廣場)で食事をすることに・・・
f0115107_0391043.jpg

コーズウェイベイと言えばタイムズ・スクエアってくらい、このモールにもお洒落な店がたくさん!

とりあえず、タイ料理レストランへ入ってみました。
なかなかいい雰囲気で、ランチでは前菜&メインのチョイスのお得なセットを注文。
夫は魚のフライのサラダ、私はトムヤムクンを前菜に。トムヤムクンは辛い物平気な私でも 超辛くてビビッた!
メインは
f0115107_0464564.jpg
f0115107_0471045.jpg

左:鴨とパイナップルのココナッツミルクカレー(名前は適当です)
右:私が選んだ 白身魚とバジルのレモングラス包みグリル(名前は適当です)
このセット1000円もしないのに、こんなしっかりした料理が出てきてビックリ!もちろん美味しかったです。
香港って日本同様、外食レベルが高いわ~!たいていどの店も美味しいもんな。


お腹がイッパイになったところで
目的地へ向います。その間もちょっとブラブラ・・・・
お店の充実さに興奮しまくりの私。しかも どこかしらがセールをやってたり。
友人曰く一年中どこかはセールしてるそう。お財布にとっても危険やわ~香港!


こんな不思議な店も発見!!
両替屋さんだけど・・・・
f0115107_0555595.jpg

日本の粉ミルクも売ってます!!
スーパーやドラッグストアでは、日本の粉ミルクを置いてますが
まさか、両替店まで置いてるとは!! あの事件の影響?!確かに中国製の粉ミルク売ってるのみたことない!


で、この日の目的地は
f0115107_123885.jpg

IKEA 中国語ではこう書くのねぇ~。
これから暮らす家の鍵が手に入ったので 家具の下見に行ってきたのです。
ここのIKEAは ビルの地下に密かにある感じでだいぶ小ぶり。
フランスもドバイも大きいので この犇めき合った小さい店内に驚く私たち。
香港は家も小さめなので、モデルルームもホンコン流に小さい。リビング&ダイニングがドバイのキッチンの設定やわ!

一通り見たら 喉が渇いたのでお茶をしに・・・
お茶だけのつもりが 麻布茶房に入ってしまい
f0115107_1171125.jpg

日本ではスッカリ食べなくってたくせに、ついパフェを注文。
今度はわらび餅食べてみよー。
麻布茶房なんて 日本では行ったことなかったけど、東京ではメジャーなのかしらん?
店員さんの「いらっしゃぁませ~」は 先週行った山頭火の店員さんの勝ちです!

帰りは そごうの旭屋書店に寄って帰り
またもやジャパーンな午後で締めくくりました。

コーズウェイベイはこれからも どんどん足を運びそうな場所です。



<<おまけ>>
f0115107_1224967.jpg

[PR]

by sacchila | 2009-06-06 01:29 | 香港 HongKong


<< 日差しを浴びて 梅窩散策      赤ちゃんの眠りの謎に振り回され... >>