Une baguette et des baguettes  ~フランスパンと箸~

sacchila.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 04日

どうぶつ大好き!

今日から 溜まりに溜まった写真を整理しつつ 日本里帰りの思い出をつづっていきます。


犬や猫をはじめ 動物が大好きなアル坊は
突発性発疹のせいで不機嫌だったにも関わらず
実家の犬ジャムちゃんと再会した時は
すごい笑顔で テンションも上がりまくりでした。

高熱のせいで泣いていた時も
ジャムちゃんを見ると涙が止まり笑顔に。ジャムちゃん効果おそるべし!


↓こちらが、おデブなミニチュアシュナウザーのジャムちゃんです。
f0115107_0374777.jpg

13歳になり 目もほとんど見えず、耳も鼻も利かなくなり
オムツをして(犬用は高いので、アルノと全く同じオムツを利用。サイズも一緒!)
すっかりお婆ちゃん犬です。






老犬ですが、心はいつも少女なジャムちゃん。
いつまでも、自分が一番!と思ってるので
アルノはライバル的存在で 前回の帰国時もアルノに敵意むき出しという残念な結果でした(汗)
で、今回もやっぱり敵意むき出しで 吠えられて迎えられたアルノ。
しかし、犬大好きっ子なので、吠えられても嬉しい息子は 「ワンワン」と吠え返す始末。
怒ったジャムちゃんは 上に乗りかかったりして 私たちはヒヤヒヤ・・・・
今回も、ジャムちゃんはアルノを認めてくれずかぁーと残念がってたら
数日後には ジャムちゃん全く吠えないどころか アルノのそばにベッタリ着いています。
f0115107_047133.jpg


というのも、食いしん坊のジャムちゃんは アルノの側にいると食べ物にありつけると知ったからです。
毎回の食べ散らかしをはじめ、アルノも面白がってパンを与えたりしていたので・・・・食い気には負けたなぁ。
おかげで、アルノも家族の一員と認めただけでなく
餌皿を持っていったり、叩いたり、抓ったりと散々酷いことをしても、黙って我慢してくれるようになりました。最後の方なんてアルノの乱暴っぷりに逆にヒヤヒヤするほどでした。
食べ物の力って凄いわ!

↓一人と一匹でベランダの植物荒らし中。母が植えたラディッシュの半部がダメになってしまいました(汗)悪戯コンビ。
f0115107_0574365.jpg


アルノの体調がやっと回復した日は 母と大阪城公園へ散歩へ。
お茶をしに行ったOBPのビルに、犬と触れあえるカフェがあったので入ってみることに。
たくさんの犬に会えて 案の定大ハッスルの息子でした。
f0115107_161538.jpg

ここにいたチワワが 子供が苦手だそうで アルノに必死で吠えてきたのですが
特に吠える犬が大好きな息子
嬉しそうに「ワンワン」と吠え返し チワワ君はさらにムカついてたと思います(笑)

ここでは、たくさんの犬に囲まれ アルノだけでなく私も嬉しかったです。



夫が到着してからは 天王寺動物園へ行きました。
f0115107_1151913.jpg

フェンスにかじりつきです。
動物の口元に手を持っていったりして ドキドキさせらることも。

ライオンや象、キリンといった人気動物よりも
サルや鳥など、機敏に動いたり声を上げる動物に大喜びでした。

f0115107_122825.jpg

サルの檻の前でキーキー奇声を上げて喜ぶ姿は
どっちがサルか分からないほどです。

象はよくわかってなかったけど
象の銅像には乗ってみたり・・・
f0115107_1244230.jpg



ゲームコーナーの乗り物にも初挑戦!(ここには私が小さい頃からある年代物も!)
f0115107_1265097.jpg

車が急に動き出したので ビックリしてました(笑)


私が幼い頃にも眺めた 仕掛け時計を鑑賞したり・・・
f0115107_1292183.jpg
f0115107_1295111.jpg

まさか、これを自分の子供と見ることになるとは思いもしなかったなぁ。


ついでに、飼育員さんにもなってみましたの。
f0115107_1312764.jpg



と、動物からかけはなれてますが・・・・
たくさんの動物を見て
たくさん笑った一日でした。

特に一番のヒットは アシカ。
f0115107_1363878.jpg

「オエーオエー!」と鳴きながら すばやく動く姿に 息子大爆笑!

見てください、この顔!!
f0115107_1383574.jpg

動物園に行って良かったなぁ~と思う瞬間でした。


また次回の帰省でも、天王寺動物園には行くことになりそうです。
今度はどんな動物に興味を示すかな???
[PR]

by sacchila | 2009-11-04 01:43 | 日常 VIE QUOTIDIENNE


<< 香港のレトロカフェ      息子 14ヶ月 >>