2009年 12月 08日

飛騨高山の旅 <前編>

途中になってた秋の日本滞在記
今回の滞在で 一番の思い出が
友人夫婦と一緒に行った 飛騨高山への一泊二日旅行でした。

何年も前から ずーとずーと行ってみたかった飛騨高山地方への旅行は
もう楽しみにで、楽しみで、行く前からウキウキ♪

大阪から車で4時間ちょっと
まず見に行ったのが こちら↓
f0115107_3231339.jpg

茅葺屋根の家々が立ち並ぶ白川郷です。







白川郷に着いたとたんに 見えるこの家の景色
f0115107_3291835.jpg


まるで、時代劇の撮影現場?
いやいや、「まんが日本昔話」の世界に入り込んだ気分。
あの山盛りごはんと市原悦子さんの声が頭にふと浮かびましたわ。

f0115107_3315473.jpg

夫も私も この合掌造りの家がずっと見たかったので テンション上がりまくり。

でも、やっぱり?花より団子?!
きっちり立ち並ぶお店で、飛騨牛の串焼きや、飛騨牛の肉まんや、どぶろく(名物のお酒)のソフトクリームなどを堪能。
f0115107_3351216.jpg

飛騨牛のなんと美味しいこと!!

10月中旬、関西は紅葉がまだでしたが
こちらでは、ちらほら始まっていて なんともいい時期でした~。
f0115107_3373422.jpg

それにしても、さすが世界遺産!
平日だというのに、すごい人でした。


白川郷を十分に堪能(特にカメラを抱えた夫&友人夫)したら日が暮れてきたので
急いで高山の方にある旅館へ。


今回泊まった所は 昔の民家を改装した料理旅館で、一日5組限定の宿泊という
もう、聞いただけでも期待大!
そして、その期待は裏切られないどころか、期待以上の素晴らしい旅館でした。
f0115107_3442162.jpg


食事は囲炉裏のある個室で頂きます。子連れには個室はうれしい!
f0115107_3493288.jpg


きちんとアル坊の席も用意されてました。
f0115107_3502064.jpg


料理旅館なだけに 来る品、来る品、とっても綺麗で美味しかったです。
器も、野菜もすべて地元の物というコダワリだそうで。
f0115107_352142.jpg

山ならではの野菜や山女の塩焼きをはじめ、スープや山魚のチマキなど
凝った品々が順々にでてきました。(コース料理の順番に来るのも◎)

そして、たっぷりの飛騨牛も!!!
f0115107_3544823.jpg

炭火で焼くので 美味しさ倍増! 柔らかくって 溶けましたわ~。
f0115107_3561625.jpg

デザートも全て 大変大変おいしゅうございました。
ちなみに、アル坊にはベビーフードを持参したのですが
テーブルの料理に目を輝かせ、一切ベビーフードは食べず
大人と同じものを満喫! なんて贅沢な!!


食後は 家族そろって露天風呂へ。
ここは4種のお風呂が それぞれ貸切で、宿泊客も少ないため、ユックリお風呂につかれました。
f0115107_3594152.jpg

おかげで、私は3回、夫もアル坊も夜&朝二回も温泉に入りました。
お湯の温度も低めだったので、子供も一緒に入れて良かったです。
温泉効果で、アル坊はすぐに夢の中へ行ってくれたので
友人夫婦とゆっくり語らう「大人時間」も過ごせました。


翌朝、朝風呂の後の期待を裏切らない朝食!
f0115107_493533.jpg
f0115107_4101464.jpg

川魚の干物や朴葉味噌に五平餅と朝食も地物のもので 嬉しくなります。
五平餅はすっごく美味しくって、だいぶアル坊に取られました(汗)

食事に温泉だけでなく
アイスやコーヒーに夜食用にと川魚の箱寿司が そっと用意されてたり
余分に浴衣やタオルの補充があったりと とてつもなく素晴らしい心遣いもあり
本当にいい所に泊まれたと大満足でした~。
(そんな旅館をネットで発見した自分を褒めてやりたいほど!←何それ?)
また何時の日か 必ず泊まりに行きたいなぁ~と心底思いながら 旅館を後にしました。

f0115107_4231922.jpg

こんな綺麗な山に囲まれ・・・・ほんと良い時期に来たな~とシミジミ。


*料理旅館* 
 奥飛騨 山草庵 響家(きょうや)  →HPはコチラ


後編へ続く・・・ 
[PR]

by sacchila | 2009-12-08 04:27 | 日本 JAPON


<< 飛騨高山の旅 <後編>      息子 1歳3ヶ月 >>